脳が影響を受けたら

私達の体は連動して動いていますから、どこか一部分が損傷しただけで、他の部位にもその損傷が影響することがあります。損傷した場所が人間の生命維持において重要な部分であればあるほどそうである、と言えますが、例えば人間の生活においてすべての役割を果たしている脳を損傷した場合、生活そのものがうまく行えなくなることがあります。実際に、交通事故時に頭部を損傷したことによって、歩行障害や記憶障害、その他様々な症状が発生して、介護なしでは生活することもできない体になってしまった人もいます。

また、そういった本当に重大な影響ではなくとも、腕や足、またはその他の一部の部位が正常に動作しなくなってしまった、また、思考能力や認知能力が低下した、という方もいます。これを考えると、単に交通事故が体において損傷を与える可能性があるというだけでなく、脳が影響を受けることによって、それが障害として残ってしまう可能性が十分にある、と言うことが分かります。

そしてまた、私達はそれらを自分たちだけでなく、他人にも与えてしまう可能性があるということです。それを考えるならば、私達は自分たちの行っている運転に関して、より慎重であるべきだ、ということが言えます。