後遺障害とその原因

私達の生活は様々なもので豊かになりました。それらの「物」は、私達の生活に密着しているものから、本来は生活そのものには必須では無かったはずの「物」でさえも、今では私達にとっては、自分たちの生活には欠かせないものとなっていることがあります。そういったことを考えると、やはり私達は、自分たちの生活において、過去から現代においても、それらを優先させて生きているということが分かります。いわゆる『生活に必須の物』…それを中心に考えて生きているということです。生活の中心となっているものには、どのようなものがあるのでしょうか。

その一つが、『車』です。皆さんも車を活用しておられると思います。もはや一つの手段ではなく生活にとって必須ともいえる存在になった車ですが、やはりどのような道具であっても同じように、それを上手く使いこなす力や技術というものが必要となります。それはそれを上手く使いこなすならもちろん私達の生活にとっては必要不可欠なものとなるのですが、やはりその使い方を誤ってしまうならば、私達にとってそれが危険な存在となる場合があります。

車は本来便利なものですが、もしその使い方を誤ってしまうなら、例えばそれは誰かに重大な後遺障害を負わせてしまうものになることもあります。それだけでなく、誰かの命を奪ってしまうことにもなり得ます。また、自分自身が交通事故被害で後遺症を負う可能性もゼロではありません。
後遺障害の事例には、どのようなものがあるのでしょうか。また、それをどのように回避できますか。